お茶が好きで、お茶の葉が栽培されている茶畑にも興味があるという方におすすめなのが、茶畑巡りです。今回は、日本のお茶どころ静岡にある茶畑を紹介します。

茶畑巡りをすることでお茶についての理解を深め、味わい方にも変化が生まれるかもしれません。ぜひ、出かけてみてください。

 深山園

 

深山園(みやまえん)は静岡県の中山間部、島田市川根町の大井川支流にある集落「笹間」で、製茶の栽培・販売を行っている茶農家です。

150年間以上も笹間の地に根付いてお茶づくりに携わっている深山園。現在は、5代目の園主が、山の恵みを活かして茶づくりを受け継いでいます。

5代目の園主はお茶づくりだけでなく、原木しいたけ・ぶどう・ブルーベリーの栽培と販売もしており、茶農家という枠に収まっていません。

深山園は山間部にあるため、朝方には茶畑に霧が立ちこめる幻想的な風景を目にすることができます。この朝霧は新芽を紫外線から守ることに一役買っていて、おいしいお茶を生み出す重要な要素となっているのです。

朝霧という自然の恵みによって育まれたお茶は、透き通るような水色と鮮やかな萌黄色が特徴で、山の香りと心地良く広がるうまみを味わえるお茶に仕上げられています。

深山園の貸し切りティーテラス・里山の茶の間では、茶畑や里山の風景を眺めながら、ゆっくりと流れる時間の中で、お茶の香りや味わいを楽しむことができます。

場所など詳細情報は、こちらをご覧ください。
深山園の情報はこちら

 釜炒り茶 柴本

釜炒り茶 柴本は、全国有数の茶産地である静岡県牧之原市の牧之原台地で、釜炒り茶の栽培・製茶販売を行っている茶農家です。

釜炒り茶 柴本の特徴のひとつは、海に近い温暖な気候を活かして、無肥料・無農薬をベースにした栽培をしていることです。

もうひとつの特徴は、園主の高度な釜炒り技術による個性的なお茶が提供されていることです。釜炒り茶の主産地である九州・宮崎で2年半ほどの修行をして会得した技術と独自の理論から、多種多彩なお茶を生み出しています。

また茶畑の景色も見どころです。茶畑のど真ん中にある大地の茶の間という貸し切りティーテラスからは、牧ノ原台地の雄大な茶畑と静岡の街を一望できます。お茶好きであれば、全国有数の茶畑を一度は見ておきたいところではないでしょうか。
釜炒り茶 柴本の情報はこちら

 黄金みどり茶園

 

黄金みどり茶園(こがねみどりちゃえん)は、静岡市葵区の山間部の支流を上がったところにある集落「諸子沢」でお茶を栽培している茶農家です。静岡県の茶畑巡りをするのであれば、外せない茶農家のひとつでしょう。世界にここだけしかない、黄金の茶畑があるからです。

急な山道を登ってたどり着く茶畑には、黄金の茶の間と呼ばれる茶の間と古民家カフェがあります。黄金の茶畑と山々の深い緑のコントラストは趣(おもむき)が深いものです。珍しい黄金色の茶畑を一望しながらゆったりとお茶を飲む、最高に贅沢なひとときを体験できます。

黄金みどり茶園の特徴である黄金の茶畑が誕生したきっかけは、30年以上前に突然変異で生まれた黄色い新芽です。その黄色い新芽1本から苗木を作り、1本1本挿し木で増やし続け、30年かけて今の茶畑を作り上げました。

「黄金みどり」と名付けられたお茶は、家族4人で手摘み・手揉みによって作られ、その味に魅せられたファンは、今も増え続けています。

場所など詳細情報は、こちらをご覧ください。
黄金みどり茶園の情報はこちら

 豊好園

豊好園(ほうこうえん)は、静岡市清水区にある静岡有数の上質茶の産地「両河内(りょうごうち)」にある茶農家です。

富士山と駿河湾が望める豊好園にある茶の間は天空の茶の間と呼ばれ、見晴らしの良い開けた景色に設けられた茶の間です。早朝には眼下に雲海が広がり、息を呑むほどの美しい絶景を見ることができます。

雲海が消えていくと、現れるのは無限に広がる緑豊かな茶畑。青々と茂ったみずみずしい茶畑に囲まれて、お茶を楽しむことができるでしょう。

標高350mの急傾斜にある茶畑では、味わいが異なる20種類以上の品種茶が栽培されていて、お茶の奥深さを品種茶から楽しむことができます。

もちろん、品種茶だけでなく、玉露・かぶせ茶・煎茶・ほうじ茶・茎茶といった日本茶の栽培・製造もしています。そのお茶の数々は、日本国内だけでなく国外でも人気があり、ヨーロッパやアメリカ、ロシアなどに出荷されているほどです。

茶畑には予約制の貸し切りティーテラスがあり、美しい絶景が広がる中でゆっくりとお茶を味わえます。茶農家が育てたお茶をふるまってもらうことができますが、持ち込みも自由です。美しい自然に囲まれながら、贅沢なティータイムを過ごしてはいかがでしょうか。

場所など詳細情報は、こちらをご覧ください。
豊好園の情報はこちら

 まとめ

茶畑に興味を持っていて、茶畑巡りをしたいという方に、おすすめの4つの茶畑を紹介しました。どの茶農家を訪問しても、個性的なティーテラスが用意されています。気になったところからお茶巡りを始めてみてはいかがでしょうか。

CHA NO MA茶の間

最高の景色を、ひとりじめ、茶畑の中の
プライベートティーテラス。

  • 天空の茶の間
    01
    天空の茶の間豊好園

    息を呑む、絶景の茶畑

    標高350mの山間部 両河内。
    富士山と駿河湾、早朝には雲海が眼下に広がる絶景の中で、心あらわれる時間をお過ごしください。

  • 全景の茶の間
    02
    全景の茶の間日本平

    圧巻のパノラマの茶畑

    景勝地・日本平山頂。
    富士山と駿河湾、伊豆半島を一望する、絵画のごときパノラマの中、ゆったりとした時間をお過ごしください。

  • 黄金の茶の間
    03
    黄金の茶の間黄金みどり茶園

    世界にここだけ、黄金の茶畑

    静岡市の山間部、諸子沢。
    ここにしかない黄金色の茶畑を見渡しながら、贅沢なくつろぎの時間をお過ごしください。

  • 大地の茶の間
    04
    大地の茶の間釜炒り茶 柴本

    日本一の茶景の茶畑

    広大な茶畑が広がる有数の茶産地牧之原。
    一面に広がる茶畑の開放感の中、何も気兼ねすることのない自由な時間をお楽しみください。

  • 富士の茶の間
    05
    富士の茶の間富士山まる茂茶園

    富士のふもとの茶畑

    富士山のお膝元富士市。
    霊峰富士山を間近に望む雄大な自然の中で、日常から離れ、無為な時間をお過ごしください。

  • 里山の茶の間
    06
    里山の茶の間深山園

    美しき里山の茶畑

    島田市山あいの村 笹間。
    美しい里山の風景に囲まれ、ゆっくりと流れる癒やしの時間をお過ごしください。

NEWS ニュース