普段はお湯で出している緑茶も、水から出せば違った味わいを楽しめます。作り方も難しくありません。さらには水出しならではのうれしい効果も。ここでは、美味しく作るためのポイントや、水出しにするメリットを紹介します。

水出し緑茶の淹れ方

水出し緑茶は、お湯で淹れたものを冷やすのではなく、冷たい水から作ります。
どのように作るのか、手順を見てみましょう。

 煎茶に水を入れるだけで作れる

緑茶は煎茶を使います。量は水100mlに対して3g(ティースプーンで山盛り1杯くらい)です。道具は茶こしのついた急須を用意します。茶こしがついてなければ、お茶用のパックに煎茶を入れましょう。茶こしのついたポットに入れたり、飲むときに茶こしを通したりしても構いません。

まずは容器に煎茶(または煎茶が入ったパック)を入れて、水を注ぎます。あとは容器を冷蔵庫に入れて1時間ほどおくだけです。ポットに入れて大量に作るときは、3~6時間ほどかけましょう。そのままでは茶葉が沈殿するので、飲む前に軽くポットを振ると、再び全体に行き渡るようになります。

緑茶だけでなく、紅茶やウーロン茶など、ほかのお茶でも水出しは可能です。抽出にかかる時間は、それぞれの茶葉によって異なるので、様子を見ながら好みの濃さに調節しましょう。

夏場のように暑いときは、氷を追加して作ると、より冷えた水出し緑茶を作れます。その際は、煎茶の量を2倍程にして濃く作ると、冷たくてもしっかりした味わいを感じられるでしょう。

 水出し緑茶をおいしくするポイント

水出し緑茶を美味しくするには、煎茶と水選びが大切です。煎茶は高級な深蒸しのものにすると、より甘みやうまみを感じられるでしょう。水出し用に茶葉を細かく粉砕したタイプも販売されていますが、普通の茶葉で十分です。

水は硬度が低い軟水を使います。硬水にはカルシウムイオンやマグネシウムイオンが多く含むといわれているため、カフェインやカテキンと結びついて、香りや味わいがうまく抽出されません。これはお湯で出すときも同じです。

硬度は、水1,000mlあたりのカルシウムイオンやマグネシウムイオンの量で決まり、30~80mgが緑茶に適しています。

日本の水は、ほとんどが軟水なので、ペットボトルの水はもちろん、水道水をそのまま使っても問題はありません。ただし、消毒のためにカルキ(次亜塩素酸カルシウム)が含まれているため、独特の臭いがします。

そのため、軟水を使う前には2~3分ほど沸騰させてカルキを抜きましょう。浄水器を通した水道水も同じです。4~5時間汲み置きしてもカルキは抜けます。

ポットで大量に作った場合は、冷蔵庫で保存して1日以内に飲み切りましょう。時間が経つほど茶葉が変質するからです。水出しの後に茶葉を濾したり、パックを取り出したりすると安心です。
また、水出し緑茶はお湯による殺菌がされていない分、容器のキレイさや、飲料水として安全に飲める水を入れることが大切です。特に夏場は注意しましょう。前述した茶葉の変質はもちろん、水出し中に温度が上がると菌が増えるので、冷蔵庫にて抽出するのがおすすめです。

緑茶を水出しにするメリット

緑茶を水出しにすると、お湯で出すのとは違ったメリットがあります。味と効果の面から見てみましょう。

 うまみはそのままに苦みは抑える

緑茶は水に浸ると、うまみ成分である「アミノ酸」や、苦み・渋みの原因となるカテキン、カフェインが抽出されます。カテキンにはエピガロカテキン(EGC)と、エピガロカテキンガレート(EGCG)の2種類があり、EGCGのほうが苦みや渋みは強めです。

水の温度が高いほど、カフェインやEGCGが多く抽出されるため、うまみよりも苦みや渋みのほうが強く感じられます。一般的な煎茶は、緑茶の魅力をバランス良く楽しむため、80~90℃くらいのお湯が最適です。高級な煎茶になると、70℃くらいにしてうまみを引き出します。玉露はさらに低く、60℃以下です。

温度が低くなるとカフェインやEGCGは、あまり抽出されませんが、テアニンやEGCは同じくらい抽出されるので、うまみが強く感じられます。さらに氷を入れたり、茶葉をあらかじめ冷やしておいたりすると、よりカフェインの抽出を抑えられるでしょう。

水から抽出した緑茶は、温めても味わいは変わらないので、苦みが得意ではない人でも飲みやすいかもしれません。

 ストレスを軽減させる

アミノ酸の一種であるテアニンには、ストレスを落ち着かせるといわれています。EGCも同様です。けれども、普通にお湯で緑茶を出してしまうと、一緒に抽出されるカフェインやEGCGが妨害して、思ったような効果を得られません。

水出しにすればカフェインやEGCGが抽出されにくくなりますから、よりテアニンやEGCの効果を実感しやすくなるでしょう。

 自然免疫機能アップに期待できる

また、EGCは白血球の一種であるマクロファージを活性化したり、リンパ球の免疫を増強したりする作用も確認されています。これもお湯で出すとEGCGが妨害するため、思ったような成果を得られません。

先述のとおり、水出しにするとEGCGは抽出されにくくなりますから、EGCの作用が高まりやすくなります。人間が本来持つ免疫力を高めてくれるでしょう。

水出しでは緑茶に含まれるビタミンCも壊れにくいため、風邪の季節に飲めば予防になるかもしれません。

まとめ

緑茶を水出しすると、苦みや渋みが抑えられて、茶葉のうまみを強く感じられます。ストレスが軽減されたり、免疫力が高まったりする効果も期待できそうです。煎茶と水と急須と茶こし(またはパック)があれば簡単に作れるので、試してみてはいかがでしょうか。

CHA NO MA茶の間

最高の景色を、ひとりじめ、茶畑の中の
プライベートティーテラス。

  • 天空の茶の間
    01
    天空の茶の間豊好園

    息を呑む、絶景の茶畑

    標高350mの山間部 両河内。
    富士山と駿河湾、早朝には雲海が眼下に広がる絶景の中で、心あらわれる時間をお過ごしください。

  • 全景の茶の間
    02
    全景の茶の間日本平

    圧巻のパノラマの茶畑

    景勝地・日本平山頂。
    富士山と駿河湾、伊豆半島を一望する、絵画のごときパノラマの中、ゆったりとした時間をお過ごしください。

  • 黄金の茶の間
    03
    黄金の茶の間黄金みどり茶園

    世界にここだけ、黄金の茶畑

    静岡市の山間部、諸子沢。
    ここにしかない黄金色の茶畑を見渡しながら、贅沢なくつろぎの時間をお過ごしください。

  • 大地の茶の間
    04
    大地の茶の間釜炒り茶 柴本

    日本一の茶景の茶畑

    広大な茶畑が広がる有数の茶産地牧之原。
    一面に広がる茶畑の開放感の中、何も気兼ねすることのない自由な時間をお楽しみください。

  • 富士の茶の間
    05
    富士の茶の間富士山まる茂茶園

    富士のふもとの茶畑

    富士山のお膝元富士市。
    霊峰富士山を間近に望む雄大な自然の中で、日常から離れ、無為な時間をお過ごしください。

  • 里山の茶の間
    06
    里山の茶の間深山園

    美しき里山の茶畑

    島田市山あいの村 笹間。
    美しい里山の風景に囲まれ、ゆっくりと流れる癒やしの時間をお過ごしください。

NEWS ニュース