いろいろな種類があって、それぞれ違った味わいや風味が楽しめる日本茶。日常的に飲んでいる方も多くいると思いますが、実は日本茶にはおいしく飲むための淹れ方というのがあるのを知っていたでしょうか?

日本茶は、その種類によって最適な淹れ方があります。今回は、日本茶の種類ごとに、おいしさを引き出す淹れ方についてまとめました。最適な淹れ方を覚えて、日本茶をよりおいしく味わってみましょう。

日本茶をおいしく淹れるための秘訣

日本茶は、種類によって使用する茶葉の部位や摘み取る時期、製法などが異なり、それによって風味や味わいが変わります。同じ種類の日本茶であっても、産地の違いで味が変わることも珍しくはありません。

日本茶のおいしさを決めるのは、香りやうま味、苦みや渋みのバランスです。ベストなバランスを作り出すためには、それぞれのお茶の特徴を引き出すことが重要だといえるでしょう。
お茶それぞれの特徴を引き出すためにも、種類に合った淹れ方が大切になります。

煎茶の淹れ方

日本茶の中でも最もポピュラーな煎茶は、さわやかな香りとうま味、渋味があるのが特徴です。

① やかんやポットでお湯を沸かす。しっかりと沸騰させてから、保湿ポットにうつす。

②保温ポットに移したお湯を、用意した人数分の茶碗(約100ml)に入れる。量は茶碗の8分目までが目安。お湯を入れることで、茶碗を温めておくことができる。

③急須に茶葉をとる。茶葉の量の目安は、ひとりあたり約2~3g(ティースプーン1杯程度)。

④茶碗のお湯を急須にうつす。この時点で、お湯の温度が70度程度に下がっていることが理想。

⑤急須にお湯をうつしたら、しばらく待つ。普通煎茶なら1~2分、深蒸し煎茶なら30秒~1分ほどが目安。

⑥先ほど温めていた茶碗にお茶を注ぐ。茶碗が複数ある場合は、「廻し注ぎ」で静かに注ぐ。

※廻し注ぎ…茶碗が2個以上ある場合に行う、お茶の注ぎ方。たとえば、3つの茶碗(A、B、C)がある場合、A→B→C、C→B→Aの順番に注ぐことを繰り返す。少しずつ順番に注ぐことで、お茶の味や量を均等にすることができる。

煎茶をおいしく飲むためには、一煎目を注いだあと、急須の中にお湯を残さないことがポイントです。一度お湯を入れたら、すべて注ぎきってから次のお湯を入れましょう。

番茶の淹れ方・ほうじ茶の淹れ方

番茶やほうじ茶は、さわやかな味と香りが特徴的なお茶です。

①やかんやポットで、しっかり沸騰するまでお湯をわかす。

②茶葉を急須に入れる。茶葉の量の目安は、約3g(ティースプーン山盛り1杯ほど)。

③沸騰したお湯を急須に入れる。

④お湯を入れたら30秒ほど待ち、廻し注ぎで人数分の茶碗に注ぐ。

ほうじ茶や番茶を入れるときのポイントは、熱いお湯を使うこととすばやく注ぐことです。使う茶碗は、厚手のものがおすすめです。

玉露の淹れ方

玉露は、日本茶の中でも高級茶として知られています。強いうま味と、渋みや苦みが少ないことが特徴です。玉露をおいしく飲むためには、沸騰させてから50~60℃まで冷ましゆっくり入れると良いでしょう。

①やかんまたはポットでお湯を沸騰するまで沸かし、保湿ポットにうつす。

②湯冷ましにお湯を入れて、お湯を冷ます。湯冷ましがなければ、急須・マグカップでもOK。

③お湯が冷めたら、人数分の茶碗(40mlくらいのもの)に入れて、茶碗を温める。

④茶葉を急須に入れる。茶葉の量の目安は、約3g~5g(ティースプーンで中盛り)ほど。

⑤お湯が約50~60℃まで冷めたら、急須にうつす(器を移すごとに、約5~10℃冷ますことができる)。

⑥2分~2分半待ってから、廻し注ぎで静かにお茶を注ぐ。

玉露のおいしさを引き出すためには、煎茶よりも低い温度のお湯で、ゆっくりと入れるのがポイントです。

抹茶の淹れ方

茶道の席で使われる抹茶は、専用の茶器が必要です。

必要なもの…茶筅、抹茶茶碗(なければカフェオレボウルなど)、茶杓または計量スプーン、湯冷まし(なければ計量カップなど)、抹茶ふるい缶または茶こし、あれば茶筅くせ直し

①抹茶の量を調節。1人当たりの量の目安は、茶筅2杯程度(ティースプーンに軽く1杯、約1.5g)。好みで調節する。

②1人分の抹茶を茶こしに入れて、茶杓(または計量スプーン)を使って抹茶茶碗にふるい落とす。

③お湯を用意する。水の量は1人あたり約70mlが目安。水は硬度の低い軟水が最適だが、どんな水でもいったん沸騰させる。

④お湯を冷ます。冬季は熱湯を湯冷ましに1回(75~85℃)、夏季は2回(70~80℃)うつす。

⑤お茶を点てる。お湯を入れ、茶碗の底にある抹茶を、茶筅を使って分散させるように混ぜる。次に茶筅を底から少し上げて、お湯が回らないように気をつけながら、手首を前後に振る。

⑥お茶の泡が立ったら、泡の表面まで茶筅の先を上げて、ゆっくりと動かして細かい泡にする。仕上げに、泡が中央に盛り上がるように、茶筅を静かに上げる。

玄米茶の淹れ方

玄米茶は、炒った玄米の香りが香ばしいお茶です。

①2人分の茶葉(約4g・ティースプーン山盛り1杯程度)を急須に入れる。

②やかんやポットでお湯をしっかりと沸騰させ、茶葉の入った急須に入れる。

③30秒程度時間を置いて、廻し注ぎで茶碗に注ぐ。

玄米茶の香りを楽しむため、高温で淹れることがポイントです。

まとめ

日本茶を飲むことで、ほっと一息つける時間が生まれます。淹れ方にもこだわれば、その時間がさらに豊かなものになります。
本記事で紹介した日本茶のおいしい淹れ方を、ぜひ試してみてください。日本茶それぞれの魅力が深まり、よりリラックスタイムを楽しむことができるでしょう。

CHA NO MA茶の間

最高の景色を、ひとりじめ、茶畑の中の
プライベートティーテラス。

  • 天空の茶の間
    01
    天空の茶の間豊好園

    息を呑む、絶景の茶畑

    標高350mの山間部 両河内。
    富士山と駿河湾、早朝には雲海が眼下に広がる絶景の中で、心あらわれる時間をお過ごしください。

  • 全景の茶の間
    02
    全景の茶の間日本平

    圧巻のパノラマの茶畑

    景勝地・日本平山頂。
    富士山と駿河湾、伊豆半島を一望する、絵画のごときパノラマの中、ゆったりとした時間をお過ごしください。

  • 黄金の茶の間
    03
    黄金の茶の間黄金みどり茶園

    世界にここだけ、黄金の茶畑

    静岡市の山間部、諸子沢。
    ここにしかない黄金色の茶畑を見渡しながら、贅沢なくつろぎの時間をお過ごしください。

  • 大地の茶の間
    04
    大地の茶の間釜炒り茶 柴本

    日本一の茶景の茶畑

    広大な茶畑が広がる有数の茶産地牧之原。
    一面に広がる茶畑の開放感の中、何も気兼ねすることのない自由な時間をお楽しみください。

  • 富士の茶の間
    05
    富士の茶の間富士山まる茂茶園

    富士のふもとの茶畑

    富士山のお膝元富士市。
    霊峰富士山を間近に望む雄大な自然の中で、日常から離れ、無為な時間をお過ごしください。

  • 里山の茶の間
    06
    里山の茶の間深山園

    美しき里山の茶畑

    島田市山あいの村 笹間。
    美しい里山の風景に囲まれ、ゆっくりと流れる癒やしの時間をお過ごしください。

NEWS ニュース