「紅茶が大好きで1日に何杯も飲む」という人は少なくありません。とはいえ、紅茶にはカフェインが入っているので、コーヒーなどと同様に飲む量については気を付けたいものです。では、紅茶のカフェイン量はほかの飲み物と比べて多いのでしょうか。紅茶のカフェイン量を確認していきましょう。

この記事では、紅茶のカフェインが気になるあなたのために、紅茶のカフェイン量や適切な摂取量について解説します。

 まずは飲料ごとのカフェイン量を比較

わたしたちが飲む紅茶、コーヒー、お茶などにはカフェインが入っています。まずは、飲料ごとのカフェイン量を比較してみましょう。

飲料名 カフェイン濃度
(100ml当たり)
備考
紅茶 30mg 茶5gを熱湯360mlで1分半~4分浸出した場合
コーヒー 60mg コーヒー粉末10gを熱湯150mlで淹れた場合
インスタントコーヒー 57 インスタントコーヒー2gを熱湯140mlで淹れた場合
玉露 160mg 茶葉10gを60℃の湯60mlで2分半浸出した場合
煎茶 20mg 茶10gを90℃の湯430mlで1分浸出した場合
ウーロン茶 20 茶15gを90℃の湯650mlで30秒浸出した場合
エナジードリンク 32~300mg 製品によってカフェイン濃度が異なる

<参考>「食品中のカフェイン(食品安全委員会)https://www.fsc.go.jp/factsheets/index.data/factsheets_caffeine.pdf

 紅茶のカフェイン量は極端に多くも少なくもない

上記の表のなかで比較すると、紅茶のカフェイン量は100ml当たり30mgと少し多い程度です。

玉露は100ml当たり160mgですから紅茶の5倍以上、コーヒーは100ml当たり60gと紅茶の2倍のカフェイン量です。玉露やコーヒーと比較すると、紅茶のカフェイン量はかなり少ないといえるでしょう。

 【紅茶と健康】体への影響と摂取量

カフェインの摂り過ぎは体に良くないと聞いたことがあるものの、具体的にどのような影響があるのでしょうか。

カフェインがどのように体に影響を与えるのか知っておくと、紅茶を飲むタイミングや摂取量について気を付けるようになるでしょう。

カフェインの体への影響

紅茶などの飲料に含まれているカフェインが体に与える影響には、次のようなものがあるとされています。

・眠気を覚ます

朝、目覚めの1杯として紅茶やコーヒーを飲むのを習慣にしている方も少なくないでしょう。紅茶やコーヒーなどに含まれるカフェインには眠気を覚ます効果があると言われています。頭をスッキリさせたい朝に飲むと良いとされているのは、そのためです。また、ちょっと疲れたときに飲むと、疲労感を軽減するのにも役立つとされています。

注意したいのは飲むタイミングです。眠気を覚ますということは、寝る前に飲むと睡眠を妨げる可能性があることとイコールです。スムーズな睡眠のために、夕方以降はカフェインが含まれる飲み物は避けるようにしましょう。

・心拍数や血圧が上がる

カフェインには心臓の収縮力を高める効果があり、摂取すると心拍数や血圧が上がると言われています。とはいえ、少量摂ったくらいでは血圧を大幅に上げることはないと考えられるため、高血圧の人が過度に心配する必要はないでしょう。

しかし、低血圧の人が朝から紅茶などのカフェイン入りの飲み物を飲んだり、運動後の血圧低下を軽減する目的でカフェインを摂ったりすることには一定の効果が期待できるかもしれません。

また、緊張するタイミングでカフェインを摂取すると、心拍数を上げることから動悸がしてさらに緊張を高めてしまう可能性があるとされているので、注意してください。

・集中力を高める

カフェインには注意力や集中力を高める作用があるとも言われています。仕事中にコーヒーを飲む方が多いのは眠気を覚ますためだけではなく、作業の効率を上げるためかもしれません。

・トイレが近くなる

紅茶などを飲むとトイレが近くなることがありますが、それはカフェインの作用によるものと言われています。昼間は何度トイレに行っても良いですが、寝る前にカフェインを摂ると夜中にトイレに起きるはめになると考えられるので、注意した方が良さそうです。

<参考>カフェインの精神運動刺激作用「コーヒーと健康」https://www.nestle.co.jp/sites/g/files/pydnoa331/files/asset-library/documents/nhw/interview10.pdf

紅茶を飲むならどれくらいが適量なのか

カフェインの過剰摂取は健康被害をもたらすかもしれないので、摂り過ぎは避けた方が良いでしょう。しかし、どのくらいの摂取量で体に影響が出るかは個人差があるとされており、カフェインの許容範囲量は国やWHOなどの機関によって見解が異なります。

たとえば、欧州食品安全機関では、健康な成人の1日当たりのカフェインの最大摂取量を400mgと定めています。これは、最初に紹介した紅茶のカフェイン量で計算すると150mlの紅茶カップ8杯が目安です。紅茶好きでも1日に8杯も飲む人は多くないと思いますが、カフェイン全体の摂取量の目安が400mgですから、緑茶やコーヒーなどほかの飲料を飲む場合は注意しましょう。

先ほども述べたように、適切な摂取量は人によって違うとされているため、これよりも少なめのほうが適量という方もいると考えられます。健康のためには、カフェインは控えめに摂るように心がけた方が良いでしょう。

 まとめ

紅茶のカフェイン量は、ほかのカフェイン系の飲料と比較して極端に多いわけでも少ないわけでもありません。カフェインには覚醒作用があるため、眠くてたまらないというようなときに摂ると、頭がスッキリして仕事の能率が上がるなどメリットもあります。しかし、摂り過ぎは健康を損なう恐れがあるため、摂取量には注意しましょう。

CHA NO MA茶の間

最高の景色を、ひとりじめ、茶畑の中の
プライベートティーテラス。

  • 天空の茶の間
    01
    天空の茶の間豊好園

    息を呑む、絶景の茶畑

    標高350mの山間部 両河内。
    富士山と駿河湾、早朝には雲海が眼下に広がる絶景の中で、心あらわれる時間をお過ごしください。

  • 全景の茶の間
    02
    全景の茶の間日本平

    圧巻のパノラマの茶畑

    景勝地・日本平山頂。
    富士山と駿河湾、伊豆半島を一望する、絵画のごときパノラマの中、ゆったりとした時間をお過ごしください。

  • 黄金の茶の間
    03
    黄金の茶の間黄金みどり茶園

    世界にここだけ、黄金の茶畑

    静岡市の山間部、諸子沢。
    ここにしかない黄金色の茶畑を見渡しながら、贅沢なくつろぎの時間をお過ごしください。

  • 大地の茶の間
    04
    大地の茶の間釜炒り茶 柴本

    日本一の茶景の茶畑

    広大な茶畑が広がる有数の茶産地牧之原。
    一面に広がる茶畑の開放感の中、何も気兼ねすることのない自由な時間をお楽しみください。

  • 富士の茶の間
    05
    富士の茶の間富士山まる茂茶園

    富士のふもとの茶畑

    富士山のお膝元富士市。
    霊峰富士山を間近に望む雄大な自然の中で、日常から離れ、無為な時間をお過ごしください。

  • 里山の茶の間
    06
    里山の茶の間深山園

    美しき里山の茶畑

    島田市山あいの村 笹間。
    美しい里山の風景に囲まれ、ゆっくりと流れる癒やしの時間をお過ごしください。

NEWS ニュース