会社に来訪したお客様へお茶をお出しするとき、「お茶の淹れ方や、お出しするマナーをよく知らない!前もって練習しておけば良かった…」と思ったことはありませんか。お茶の出し方はいざというときに役立つ知識です。知っておいて損はありません。

今回は、わたしたちになじみの深い煎茶の淹れ方と、お客様へのお茶の出し方について解説します。

お客様へお出しするお茶の淹れ方

まずは、お茶の基本的な淹れ方について紹介します。加えて、お客様にお出しするときに失礼のないよう、お茶を淹れる前に気を付けるべき点についても説明します。

 お茶を淹れる前に

人数分の湯のみと茶たくを準備します。このとき、湯のみや茶たくに汚れ、ひび、欠けなどがないかしっかりと確認しましょう。

 お茶の淹れ方【煎茶】

煎茶を淹れるためのポイントは下記の5つです。これらを踏まえ、煎茶の淹れ方についても解説していきます。

①お湯を十分に沸騰させる
②お湯の温度を調整する
③お湯とお茶の量
④お茶の煎出時間
⑤最後の1適まで注ぎきる

 ①お湯を沸かす

まずは、お湯を沸かします。ポイントはお湯を十分に沸騰させることです。ヤカンで沸かすとしっかり沸かすことができるためおすすめです。
その後、保温ポットなどにお湯を移しましょう。

 ②お湯を冷ます

ここでのポイントは、お湯の量と温度です。
ポットから茶碗の8分目(約100 ml)までお湯を入れます。一人当たりのお湯の量が測りやすく、お湯が早く冷めると同時に、茶碗を温められます。
なお、煎茶に使うお湯の温度は、高級煎茶なら約60 ℃、普通の煎茶なら約80 ℃が適温です。

 ③煎茶を急須へ入れる

お湯を冷ましている間に、煎茶を急須へ入れます。ポイントは葉の量です。一人当たり3g(ティースプーン1杯)が目安になります。人数分入れましょう。

 ④急須にお湯を入れて待つ

適温になったお湯を茶碗から急須へ移します。
ポイントはお茶の煎出時間です。フタをしたら、高級煎茶の場合は約1分30秒、普通の煎茶なら約1分待ちましょう。

 ⑤湯冷まし(ポット等)に注いでから、茶碗に注ぐ

お茶を湯冷まし(ポット等)に3回に分けて最後の1滴まで注ぎ、湯冷ましから各茶碗に注ぎます。急須から茶碗に直接廻し注ぎする方法もありますが、茶碗ごとの味のバラつきを防ぐ方法としては、この方法がおすすめです。

 ⑥二煎目を淹れる場合

お湯の温度は90℃がおすすめです。湯冷ましに湯を注ぎ、急須に注いでください。

お客様へのお茶の出し方

では、実際に会社へ来訪したお客様へお茶を出すときは、どのようにすれば良いのでしょうか。ここでは、応接室にいるお客様へのお茶出しの方法について紹介していきます。

 茶たくにいつ載せる?

茶たくに茶碗を載せるのは、お客様にお出しするときです。お茶を持っていく間はお盆の上の茶碗と茶たくは別々に載せておきます。きれいな布巾も一緒に持っていきましょう。

 お茶を運ぶ姿勢

お茶を運ぶ際の姿勢は、自分の息がかかったりしないように気を付けましょう。

お茶を運ぶときは、基本的に左手でお盆を持ち、片手で運びます。最初は片手で運ぶことが難しいかもしれません。まずは、こぼさずにお茶を運ぶことが大切なので、ゆっくりとていねいに運ぶようにしましょう。

お盆は胸より少し低い位置で持ちます。このとき、お盆を持った手を少し斜め前にずらして持つと、自分の息がかからないので、よりていねいな作法となります。

 応接室に入室する際

お盆を左手で持っているため、右手でドアを3回ノックしてから入室します。入室したら、「失礼します」と会釈をしましょう。

 お盆の置き方

サイドテーブルにお盆を置くことがマナーですが、無い場合は下座のテーブル端に置くようにしましょう。テーブルに置く場合は、音を立てないよう静かにていねいに置きましょう。

 お茶を出す順番

お茶を出すときは、「お客様→社内の人間」という順番が基本です。大勢のお客様がいる場合は、部屋の一番奥の上座に座るお客様から出します。

 お茶の出し方

茶碗の底を布巾で拭いた後、茶たくに載せましょう。茶碗は絵柄のある正面をお客様側にします。茶たくに木目がついている場合は、お客様から見て木目が横になるようにセットします。

お茶を出すときは相手の後方から周り、右側から出します。茶たくは右手で持ち、左手を添えて出すようにしましょう。そのとき「どうぞ」や「失礼します」など、小さな声で一声かけましょう。お茶を出す位置は、お客様の右膝前です。

 おしぼりとお茶菓子

お茶菓子やおしぼりを一緒に出す場合は、「おしぼり→お茶菓子→お茶」の順番に出します。このとき、お茶菓子はお客様から見て左側に置き、お茶は右側です。そして、おしぼりはお客様から見て一番右側に置くようにしましょう。

 退出

お茶やお茶菓子を出した後は、お盆を左わきに抱えるように持って退出します。お盆の持ち方は、裏側が自分の方に向くようにして持ち、退出の際は「失礼いたします」と一言かけて出るようにしましょう。

お茶出しのマナー

お茶を出すときは、マナーについても気になると思います。ここからは、お茶出しの基本マナーについて解説していきます。

 タイミングを見計らってお茶を出す

お茶を出すときは、お客様が来てすぐではなく、まずは挨拶や名刺交換などが終わるのを見計らいましょう。
お客様のみが先に入室して待っているときは、時間を置かずにすぐにお茶をお出しするのがベストです。
事前にお客様が来ることが分かっている場合は、事前に来社時間と人数を確認して、あらかじめお茶を入れる準備をしておくとよいでしょう。

 お茶を置く順番

お客様の中でも目上の方から出すのがマナーです。しかし、いざお茶を出そうとすると、「誰がお客様の中で一番偉い人なのかわからない」というときもあるでしょう。そこで覚えておきたいのが「上座の位置」です。先に説明したとおり、上座は部屋の一番奥です。そのため、一番奥に座っているお客様からお茶を出すようにしましょう。

ただし、会社や人数によっては、真ん中が上座になる場合もあります。そのため、「社内の一番偉い上司の前に座っている人がお客様の中で偉い人」という見分け方もあります。席次をあらかじめ覚えておくと安心です。

 邪魔にならないように注意

お茶が用意できたときには会議や商談が始まっていることもあります。そのときは、声を出さずに目礼のみでのお茶出しでも問題ありません。

また、机の上に資料が広がっていて右手側にお茶を出せない場合は、お客様の邪魔にならない場所に出すようにしましょう。

 おいしいお茶を提供

せっかくお茶を入れても、薄くておいしくなかったり、冷めてしまったりしては台無しです。一番おいしい状態のお茶を出せるように、お茶の淹れ方とタイミングを計りましょう。良いおもてなしをするうえで、大切なポイントです。

まとめ

今回は煎茶の淹れ方と、お茶の出し方についてご紹介しました。お客様をおもてなしする心がビジネスシーンではとても重要になります。今回解説した手順を参考に、いつでもおいしいお茶でお客様をおもてなしできるよう、練習しておくと良いかもしれません。

CHA NO MA茶の間

最高の景色を、ひとりじめ、茶畑の中の
プライベートティーテラス。

  • 天空の茶の間
    01
    天空の茶の間豊好園

    息を呑む、絶景の茶畑

    標高350mの山間部 両河内。
    富士山と駿河湾、早朝には雲海が眼下に広がる絶景の中で、心あらわれる時間をお過ごしください。

  • 全景の茶の間
    02
    全景の茶の間日本平

    圧巻のパノラマの茶畑

    景勝地・日本平山頂。
    富士山と駿河湾、伊豆半島を一望する、絵画のごときパノラマの中、ゆったりとした時間をお過ごしください。

  • 黄金の茶の間
    03
    黄金の茶の間黄金みどり茶園

    世界にここだけ、黄金の茶畑

    静岡市の山間部、諸子沢。
    ここにしかない黄金色の茶畑を見渡しながら、贅沢なくつろぎの時間をお過ごしください。

  • 大地の茶の間
    04
    大地の茶の間釜炒り茶 柴本

    日本一の茶景の茶畑

    広大な茶畑が広がる有数の茶産地牧之原。
    一面に広がる茶畑の開放感の中、何も気兼ねすることのない自由な時間をお楽しみください。

  • 富士の茶の間
    05
    富士の茶の間富士山まる茂茶園

    富士のふもとの茶畑

    富士山のお膝元富士市。
    霊峰富士山を間近に望む雄大な自然の中で、日常から離れ、無為な時間をお過ごしください。

  • 里山の茶の間
    06
    里山の茶の間深山園

    美しき里山の茶畑

    島田市山あいの村 笹間。
    美しい里山の風景に囲まれ、ゆっくりと流れる癒やしの時間をお過ごしください。

NEWS ニュース