私たちが普段から親しんでいる日本茶。スーパーでも自動販売機でもどこでも手に入るので、意識せずとも毎日口にしている方も多いと思います。そんな日本茶ですが、中には高級日本茶と呼ばれる種類も存在します。今回は、高級日本茶にはどのようなものがあるのか、評価基準がどう決まるのか、特長や産地・銘柄などについて解説します。

 日本茶とは?どんなお茶を指す?

日本茶とは

日本茶とは、日本で作られるお茶の総称。緑茶のことを指すのが一般的です。ツバキ科の植物の葉を原料とし、茶葉を蒸す・または窯で炒ることで加工製造します。

中国茶や紅茶との違い

日本茶と中国茶・紅茶との違いは、その製法にあります。中国茶や紅茶も、日本茶と同じくツバキ科の葉を原料としていますが、日本茶は摘んだ後すぐに蒸して発酵を止める製法がとられているのに対して、中国茶や紅茶は葉を発酵させて製造します。

 日本茶にはたくさんの種類がある!高級なのはどれ?

日本茶の種類

・煎茶
煎茶は、日光を当てて育てられた茶葉を加工したお茶です。蒸して作るものと釜で炒って作るものがあり、前者を深蒸し緑茶、後者を釜炒り緑茶などと呼びます。煎茶は日本茶の中で最も流通量が多く、飲食店や一般家庭などで幅広く親しまれています。

・玉露
鮮やかな茶葉の緑色・濃厚なお茶の旨味・甘み・香りが特長の玉露。玉露の茶葉は、露地栽培で日光を浴びて栽培される煎茶とは異なり、寒冷紗やワラなどで日光を遮断して育てられます。この工程により、同じ日本茶でありながら一般的な煎茶とは全く異なる味わいが生まれるのです。

・かぶせ茶
かぶせ茶も玉露と同様日光を遮って栽培されます。玉露に比べて被覆期間は短かめですが、茶葉の緑色が濃く、甘みと旨味が強いのが特長です。

・番茶
夏・秋以降に摘まれた、硬めで大きく育った茶葉で作るのが番茶です。煎茶よりも茶色みが強く、香ばしさがあります。

・抹茶
抹茶は、日光を遮って育てた茶葉を碾茶にした後に石臼でひいて粉状に加工したお茶です。古くから茶道に用いられており、高級茶として長きにわたり寵愛されています。

・ほうじ茶
煎茶や番茶を強火で炒って作られたのがほうじ茶です。炒る工程により、香ばしい香り・深いコクを実現しています。

・玄米茶
煎茶や番茶に炒った米を加えて作ったのが玄米茶です。炒った米を混ぜることにより、香ばしさ・甘みが強い仕上がりになっています。煎茶や番茶にくらべてカフェイン量が少ないという特長も。

高級日本茶として知られるのは玉露

玉露は、数あるお茶の中でも高級日本茶として扱われています。大事なお客さまが来たときのお茶として、贅沢にお茶の時間を楽しみたいときなど、古くから玉露は「とっておきのお茶」として愛されてきたのです。
玉露が高級品とされる理由は、主に3つ。栽培段階で、日光を遮るために茶園に寒冷紗などの覆いをかけるという手間がかかるうえ、生産量も希少。また、お茶の旨味・香り・コクが非常に濃厚であるのも理由のひとつです。なお、玉露以外の煎茶やかぶせ茶などにも、ブランド銘柄や高級品と呼ばれる種類がたくさんあります。

 高級日本茶の有名産地・銘柄って?

静岡県

静岡県は、お茶の栽培面積・茶葉生産量も日本一の茶処。真冬でもめったに雪が降らず、年間を通じて温暖な気候であるため、寒さに弱いお茶の木の栽培に適しているのです。また、富士山麓の斜面や牧之原台地・天竜川や大井川・安倍川などの河川といった豊かな地形を生かして、さまざまな地域でお茶栽培がされています。そんな静岡には、川根茶や掛川茶・天竜茶・両河内茶といった有名銘柄があります。また、岡部では玉露が生産されており、高級茶として全国的に有名です。

埼玉県

埼玉県の狭山地方はお茶処として全国的に知られています。江戸時代からお茶の栽培が盛んで、地域の特産物として発展してきました。埼玉県の日本茶の主要栽培地は、県西部の入間市や所沢市・狭山市を中心とする狭山丘陵地域、秩父地方の児玉町などの山間地域。このほか、県南部の都市部でも茶畑があります。そんな埼玉県を産地とする高級日本茶として有名なのは、狭山茶。狭山茶は濃厚で甘みが深い味わいが特長です。これは、「狭山火入り」という独特の仕上げ製法によってもたらされます。

京都府

京都は、日本のお茶の発祥地として長期にわたり茶栽培を行っています。中でも有名なのが、京都や宇治田原周辺地域で生産される「宇治茶」。黄金色をした上品な香りが特長で、ブランド茶として知られています。古くは足利義満や足利義政も宇治茶を寵愛し、自ら茶園をつくってお茶の栽培を奨励したとのこと。また、宇治は玉露の産地としても有名です。

 まとめ

高級日本茶はもちろん一般的な日本茶も、種類によって味や風味・香りに大きな違いがあり、飲み比べてみるといろいろな発見があるものです。ぜひさまざまな種類のお茶を飲んで、日本茶の魅力を楽しんでください。

CHA NO MA茶の間

最高の景色を、ひとりじめ、茶畑の中の
プライベートティーテラス。

  • 天空の茶の間
    01
    天空の茶の間豊好園

    息を呑む、絶景の茶畑

    標高350mの山間部 両河内。
    富士山と駿河湾、早朝には雲海が眼下に広がる絶景の中で、心あらわれる時間をお過ごしください。

  • 全景の茶の間
    02
    全景の茶の間日本平

    圧巻のパノラマの茶畑

    景勝地・日本平山頂。
    富士山と駿河湾、伊豆半島を一望する、絵画のごときパノラマの中、ゆったりとした時間をお過ごしください。

  • 黄金の茶の間
    03
    黄金の茶の間黄金みどり茶園

    世界にここだけ、黄金の茶畑

    静岡市の山間部、諸子沢。
    ここにしかない黄金色の茶畑を見渡しながら、贅沢なくつろぎの時間をお過ごしください。

  • 大地の茶の間
    04
    大地の茶の間釜炒り茶 柴本

    日本一の茶景の茶畑

    広大な茶畑が広がる有数の茶産地牧之原。
    一面に広がる茶畑の開放感の中、何も気兼ねすることのない自由な時間をお楽しみください。

  • 富士の茶の間
    05
    富士の茶の間富士山まる茂茶園

    富士のふもとの茶畑

    富士山のお膝元富士市。
    霊峰富士山を間近に望む雄大な自然の中で、日常から離れ、無為な時間をお過ごしください。

  • 里山の茶の間
    06
    里山の茶の間深山園

    美しき里山の茶畑

    島田市山あいの村 笹間。
    美しい里山の風景に囲まれ、ゆっくりと流れる癒やしの時間をお過ごしください。

NEWS ニュース