春になるとスーパーや食料品店で見かけるようになる「新茶」。新茶とは、その年の最初に摘まれる「初物」のお茶のこと。普段飲んでいる煎茶とは、味わいも香りも異なります。今回は、そんな新茶の時期や特長・おいしい入れ方などについてご紹介します。

 新茶ってどんなもの?新茶の季節はいつ?

新茶の定義

新茶とは、その年で最初に摘まれる茶葉のこと。またはその茶葉を使って入れたお茶を指します。日本の茶畑では茶葉は1年に2〜4回ほど摘まれており、新茶の後は順番に、二番茶、三番茶、四番茶と呼ばれています。また、前年に摘まれたお茶は古茶と呼ばれるのが一般的です。

新茶の季節はいつ?

新茶の茶葉を摘む時期は地域によって異なります。鹿児島地方など温暖な地域では4月上旬ごろから。日本最大の産地・静岡県の新茶摘みはだいたい4月後半から始まり、北関東など冷涼な地域では5月初旬になるところもあります。

 新茶の魅力って?味や香り、新茶ならではの楽しみとは

味も香りも格別

新茶の茶葉には冬の間に木がたくわえた養分がギュッと詰まっているため、たっぷりの旨味・甘み・やわらかな渋みが凝縮されています。特に、お茶の旨味成分「テアニン」をはじめとするアミノ酸が最も多く含まれているのが、新茶の特徴。一番茶のテアニン含有量は、平均で二番茶の3倍とも言われています。新茶が「お茶の中でも一番おいしい」と言われているのはこのためです。

とはいえ、新茶以外のお茶がおいしくないかというと、そうではありません。二番茶の茶葉は初夏の強い日差しをたっぷり浴びているので、カテキンの含有量が多く、さわやかな渋みが魅力。カテキン成分の健康効果も期待できます。

なお、秋以降に摘まれるお茶は、風味も味もどうしても落ちてしまいます。そこで作られるのが番茶です。新茶や二番茶とは味も香りも異なりますが、番茶には番茶の良さがあります。色は茶色がかっていて、タンニンが多めでカフェインは少なめ。さっぱりとした飲み口・独特の渋みと香ばしさが特長です。

「新茶を飲むと病気にならない」という言い伝えも

新茶には、「新茶を飲むと一年病気にならない」という言い伝えがあります。中でも、2月4日前後の立春から88日過ぎた5月上旬、「八十八夜」に摘み取られた新茶は、末広がりの「八」が並ぶことから縁起物とされています。ちなみに2021年の八十八夜は5月1日。新茶を飲んでみたい方は、縁起の良いこの日に摘まれたものを購入してみるのも良いかもしれませんね。

 新茶のおいしい入れ方は?さわやかな香りを楽しむために

新茶は香りを楽しむもの

新茶は、渋みや苦味が少なく若葉のさわやかな香りが特長です。これを活かすためには、多めの茶葉を熱めのお湯でさっと抽出するのが良いとされています。煎茶を入れるときとは多少工程や抽出時間などに違いがありますので、新茶の正しい入れ方を知っておきましょう。

新茶の入れ方

①お湯を沸かす
やかんでお湯を沸かし、しっかり沸騰させます。

②湯呑みにお湯を入れる
1のお湯を湯呑みの8分目まで注ぎます。このお湯はお茶を入れるときに使用します。こうすることで、お湯を適温に冷ましながら茶碗を温め、お湯の計量もできます。

③茶葉を急須に入れる
茶葉を急須に入れます。茶葉量の目安は、湯呑み一杯分につきティースプーン2杯程度です。

④茶碗のお湯を急須に移す
茶碗に注いでおいたお湯を急須に移します。

⑤30秒抽出したのち、茶碗に注ぐ
急須の蓋をして30秒間抽出したら、湯呑みに注ぎます。

新茶を入れるときのポイント

・茶葉は多めに
茶葉量の目安は、湯呑み一杯分につきティースプ山盛り2杯程度。心持ち多めに茶葉を入れた方が、新茶ならではの旨味・香りを楽しめます。

・熱めのお湯でサッと抽出すると香りが立つ
新茶を入れるときは、熱め(80℃前後)のお湯でサッと抽出すると香りが良く立ちます。一般的な煎茶の抽出時間は1分前後ですが、それより短めに。なお、少し冷ましたお湯(70℃前後)でじっくり抽出すると、旨味の濃い味わいになります。

・回し注ぎをしよう
複数人分のお茶を入れるときは、どの湯呑みにも同じ量・濃さのお茶が注がれるよう、ひとつの茶碗に一気に注ぎ切るのではなく、すべての茶碗に順番に少しずつ注ぎましょう。これを回し注ぎと呼びます。また、急須で入れたお茶は、最後の一滴まで注ぎ切るのもポイント。お茶は最後の一滴が一番おいしいと言われています。また、最後まで注ぎ切っておくと、二煎茶・三煎茶までおいしく飲めるようになります。

 まとめ

一年のうち限られた時期にだけに作られる新茶。「飲むと一年健康でいられる」という言い伝えもある縁起物であり、なおかつ、旨味成分を多く含んだ味わい・さわやかな香りなど、お茶の魅力を存分に楽しめます。今年の春は、ぜひご家族や親しい人と新茶を飲んでみてくださいね。

CHA NO MA茶の間

最高の景色を、ひとりじめ、茶畑の中の
プライベートティーテラス。

  • 天空の茶の間
    01
    天空の茶の間豊好園

    息を呑む、絶景の茶畑

    標高350mの山間部 両河内。
    富士山と駿河湾、早朝には雲海が眼下に広がる絶景の中で、心あらわれる時間をお過ごしください。

  • 全景の茶の間
    02
    全景の茶の間日本平

    圧巻のパノラマの茶畑

    景勝地・日本平山頂。
    富士山と駿河湾、伊豆半島を一望する、絵画のごときパノラマの中、ゆったりとした時間をお過ごしください。

  • 黄金の茶の間
    03
    黄金の茶の間黄金みどり茶園

    世界にここだけ、黄金の茶畑

    静岡市の山間部、諸子沢。
    ここにしかない黄金色の茶畑を見渡しながら、贅沢なくつろぎの時間をお過ごしください。

  • 大地の茶の間
    04
    大地の茶の間釜炒り茶 柴本

    日本一の茶景の茶畑

    広大な茶畑が広がる有数の茶産地牧之原。
    一面に広がる茶畑の開放感の中、何も気兼ねすることのない自由な時間をお楽しみください。

  • 富士の茶の間
    05
    富士の茶の間富士山まる茂茶園

    富士のふもとの茶畑

    富士山のお膝元富士市。
    霊峰富士山を間近に望む雄大な自然の中で、日常から離れ、無為な時間をお過ごしください。

  • 里山の茶の間
    06
    里山の茶の間深山園

    美しき里山の茶畑

    島田市山あいの村 笹間。
    美しい里山の風景に囲まれ、ゆっくりと流れる癒やしの時間をお過ごしください。

NEWS ニュース