同じ茶葉でも、淹れる方法によって味が大きく変わるお茶。せっかく淹れるのなら、少しでもおいしく飲みたいものです。どこにでも持ち運べて、手軽にお茶が楽しめると親しまれているティーバッグですが、簡単で手軽にお茶が飲めるだけに、あまり淹れ方にはこだわっていない人も多いかもしれません。実は、ティーバッグにもおいしく淹れるためにはコツがあります。

そこで今回は、お茶をティーバッグでおいしく淹れる方法を紹介します。

お茶をティーバッグでおいしく淹れる方法

ティーバッグを使わない場合、茶葉と湯呑みだけでなく急須も必要ですが、ティーバッグには急須がなくても煎茶が飲める便利さがあります。また、お茶を淹れた後の茶葉の処理も簡単です。

では、ティーバッグのお茶をおいしく淹れる方法をみていきましょう。

① お湯を沸かす

お湯の量は、パッケージに書いてある推奨の水量を目安として人数分沸かしましょう。お湯が沸騰したら、煎茶を淹れる適温になるまで冷まします。煎茶は一度沸騰させたお湯を冷まして使うのが、おいしく淹れるコツです。

一般的に、煎茶を淹れるのに最適なお湯の温度は70℃~80℃とされていますが、パッケージに適温が書いてあるなら、その温度に合わせてください。

② 湯呑みにティーバッグを入れる

ティーバッグの煎茶は、味や香りがよく出るように茶葉が細かく刻まれているため、お茶の粉がこぼれることがあります。

湯呑みにティーバッグを入れる際は、お茶の粉で周りを汚さないように気を付けましょう。

③ 湯呑みにお湯を注ぐ

パッケージに書いてある推奨の水量を注ぎます。湯呑みなら、8分目くらいが目安です。

④ 抽出して、ティーバッグを取り出す

お湯を注いだら、パッケージに書いてある抽出時間まで待ちましょう。その後、ティーバッグを静かに取り出します。

おいしいお茶が入ったあとは、食事やおやつと一緒に楽しみましょう。

お茶をティーバッグでおいしく飲むコツ

お茶をティーバッグで淹れる際に、さらにおいしく飲むコツを紹介します。

テトラ型がおすすめ

ティーバッグには、昔ながらの平たい形とピラミッドのような形のテトラ型がありますが、おいしくお茶を淹れるためにはテトラ型のものがおすすめです。

テトラ型は、ティーバッグの内部が広いので、お茶をしっかりと出すことができます。また、お湯を注いだときに茶葉が袋のなかで踊るので、茶葉本来の味を引き出しやすいのもメリットです。

お湯の温度は70℃~80℃

紅茶や中国茶などは熱湯で淹れますが、煎茶の場合は熱湯では淹れません。一度沸騰させたお湯を少し冷まし、70℃~80℃くらいの温度にしてから注ぎます。

早くお湯を冷ましたい場合は、湯呑みをもうひとつ用意しましょう。お湯をいったんそちらに注いだあと、ティーバッグを入れた湯呑みに冷ましたお湯を移すと待ち時間が少なくて済みます。

お湯は静かに湯呑みの端から注ぐ

お湯を注ぐときのポイントは、お湯は湯呑みの端から静かに入れることです。ティーバッグを目掛けて、直接お湯を注がないでください。

何度も振らない・つぶさない

ティーバッグでお茶を淹れるときによく目にするのが、タグやひもを持って、湯飲みの中で何度も振ってしまう光景です。

しかし、おいしいお茶を淹れたいなら何度も振るのはNGです。ティーバッグは、2~3回程度やさしく上下に振るようにしましょう。

ティーバッグを何度も振ったり、お茶をしっかりと出そうとスプーンなどでつぶしたりすると、雑味が出て旨味が軽減するからです。また、ティーバッグの素材によっては、つぶしたときにティーバッグが破れて、茶葉がお茶に出てしまうことも考えられます。

ティーバッグでお茶を淹れる場合は、湯呑みのなかで何度も振らない、ティーバッグをつぶさないことを、忘れないようにしましょう。

20秒蒸らす

お湯を注いだら、小皿などでフタをして20秒くらい蒸らすと、なお良いでしょう。そうすることで、お茶の成分が出やすくなり味が深まるので、さらにおいしく飲めます。

入れっぱなしにしない

ティーバッグをお湯に入れて、そのまま放置しないようにしましょう。ティーバッグを入れっぱなしにすると、渋みが出すぎてしまうからです。

また、素材によってはティーバッグが破れてしまって、茶葉がお茶のなかに出てしまい、お茶が台無しになることもあり得ます。

お茶が適度な濃さになったら、ティーバッグは必ず取り出すようにしましょう。

最後の一滴まで出し切る

ティーバッグのお茶は、最後の一滴まで出し切ってうまみを湯呑みのなかに移すようにしましょう。

最後の一滴まで出し切るといっても、スプーンなどで押しつぶす必要はありません。ティーバッグを取り出すときに、ティーバッグの底面を水面に触れるように当てて、少し待つだけでOKです。

そうすることで、表面張力の力でティーバッグのなかの水分がすべて湯呑みのなかに移るので、最後の一滴まで出し切ることができます。この方法は、ティーバッグを取り出したときに水滴が落ちない点でも便利なため、おすすめです。

まとめ

ティーバッグのお茶も、どのように淹れるかで味が大きく変化します。少しでもおいしくお茶を飲みたいと思ったら、今回紹介した淹れ方を試してみてください。ちょっとしたひと手間で、お茶のうまみや味わいを最大限に引き出して、おいしい1杯に変わるはずです。

CHA NO MA茶の間

最高の景色を、ひとりじめ、茶畑の中の
プライベートティーテラス。

  • 天空の茶の間
    01
    天空の茶の間豊好園

    息を呑む、絶景の茶畑

    標高350mの山間部 両河内。
    富士山と駿河湾、早朝には雲海が眼下に広がる絶景の中で、心あらわれる時間をお過ごしください。

  • 全景の茶の間
    02
    全景の茶の間日本平

    圧巻のパノラマの茶畑

    景勝地・日本平山頂。
    富士山と駿河湾、伊豆半島を一望する、絵画のごときパノラマの中、ゆったりとした時間をお過ごしください。

  • 黄金の茶の間
    03
    黄金の茶の間黄金みどり茶園

    世界にここだけ、黄金の茶畑

    静岡市の山間部、諸子沢。
    ここにしかない黄金色の茶畑を見渡しながら、贅沢なくつろぎの時間をお過ごしください。

  • 大地の茶の間
    04
    大地の茶の間釜炒り茶 柴本

    日本一の茶景の茶畑

    広大な茶畑が広がる有数の茶産地牧之原。
    一面に広がる茶畑の開放感の中、何も気兼ねすることのない自由な時間をお楽しみください。

  • 富士の茶の間
    05
    富士の茶の間富士山まる茂茶園

    富士のふもとの茶畑

    富士山のお膝元富士市。
    霊峰富士山を間近に望む雄大な自然の中で、日常から離れ、無為な時間をお過ごしください。

  • 里山の茶の間
    06
    里山の茶の間深山園

    美しき里山の茶畑

    島田市山あいの村 笹間。
    美しい里山の風景に囲まれ、ゆっくりと流れる癒やしの時間をお過ごしください。

NEWS ニュース