どこまでも茶畑が広がる牧之原台地で、釜炒り茶の栽培と製造を手掛ける柴本俊史さん。祖父、父と続いたお茶農家を継ぐことに、最初は迷いがあったと振り返ります。

「家族から家を継ぐんだと言われて育ち、自分でもそういうものかなと漠然とは思っていました。ただ、中学生で進路を決める時に、思春期ですから反抗心というか、継ぎたくない気持ちがあったんです。ただ、継がないにしても、お茶のことを何も知らずに決めるのはもったいないなと。親父がやっているお茶とは何なのか。ちゃんとわかってから決めようと思って、お茶について学べる高校に進学しました。そうしたら、知れば知るほど奥が深いし、すごく面白くなっちゃって(笑)。どんどんのめり込んでいきました」

「継がない理由を見つけるためだった」という進路選択が、柴本さんの人生を決定づけました。釜炒り茶に出会ったのです。日本茶は、蒸気で加熱するのが主流ですが、釜炒り茶は、摘んだ生の茶葉を釜で炒ることで酸化を止めるので、独特の香ばしさと芳醇な香りが特徴。本場は九州で、静岡にはほとんどない製法で、高校時代に初めて出会った柴本さんは、その時の感動をこう語ります。

「僕の辞書にはない、分析できない香りだったんです。普通、煎茶は、飲んだ瞬間に旨みがドカンと来るんですけど、釜炒り茶はそれがないんです。その代わり、カンロ飴のような甘さと炒り豆が原料のお菓子のような香ばしさが鼻の中に広がっていく。『こんなお茶、飲んだことない』と衝撃を受けました。あの時の衝撃は、何ていうんだろう。たとえば音楽でも、好きな音楽を見つけた時って『これだ!』っていう、理屈ではない感覚があるじゃないですか。直感というか…、そう、“ときめき”ですね」

釜炒り茶に魅せられた柴本さんは、「家は継ぐけど、釜炒り茶をやる」と宣言。高校卒業後も静岡県立農林大学校を経て、釜炒り茶を極めるために、宮崎県の有機栽培で茶葉を育て、作った釜炒り茶を自販する農園で2年半ほど研修を積みました。

美味しいお茶を発見するお手伝いがしたい

静岡に戻ってきた柴本さんは、理想とする香りを求めて、試行錯誤を重ねていきます。それは今でも変わりません。たとえば、肥料。柴本さんが案内してくれた茶畑には、静岡名産のみかんの皮が大量にまかれた一画がありました。

「新しいことを試して、検証するのは好きですね。その結果こそが、価値になるんだと思います。柑橘農法も、香りが変化するか試しているんです。実は、お茶の香りの成分は油で、柑橘系の皮もかなり油を含んでいるんです。橙の皮の油をお茶が吸い取って、香りに変化が出たら面白いなと思って始めました」

 

 

柴本さんの取り組みの中でユニークなのが、名付けて“ヤギ農法”。飼っているヤギのさくらとシロの母子ヤギの堆肥を使い、自然循環型の栽培を行っています。ヤギたちは、雑草を食べるという役割も担っているそう。また、茶木の仕立てにもこだわりがあります。

「さほど規模が大きくないからできることではありますが、通常のかまぼこ型ではなく、下を張っていく枝を剪定ばさみでカットして、風通しをよくしています。手間はかかりますが、こうすることで病気にかかりにくくなると、無農薬栽培をしている人たちの間で言われているんです。牧之原という自然の中で、茶の木がのびのび生きられるようにサポートしてあげたいですね」

そうやって丹精込めて育てた茶葉を摘む瞬間が一番楽しいと言います。

「摘む瞬間がスタートなんです。ここからどうやってブレンドすれば、理想とする味と香りに近づけていけるか。そう考えながら摘んでる時が一番楽しいです」

柴本さんのお茶は、ブレンドが非常に大切な工程です。新茶ではなく何年か熟成させ、それも微妙に異なる製法を経た茶葉を何度もテイスティングして、理想とする味と香りを実現させるために微調整していきます。

 

この日は、2017年の7月に作ったウーロン茶のテイスティングに参加させてもらいました。摘むタイミング、手炒りか機械炒りか、乾燥途中で冷蔵庫で保管するか冷凍庫でするのか、それだけでもずいぶん香りのふくらみや味のまろやかさに差が出ます。その個性をどうやってブレンドするかが、柴本さんの腕の見せどころ。何度も香りを確かめ、お茶を口に含みイメージを膨らませていきます。すると、新しい挑戦に貪欲な柴本さんは、いいアイデアを思いついたよう。

 

 

 

「テイスティングを、茶の間に来てくれた人にやってもらうのも面白いかもしれませんね。今、僕が目指しているのは、ペットボトルのお茶では提供できない、お茶の価値を知ってもらうこと。それが、お茶を介して、僕が社会にできること。自分でお湯を沸かし、お茶をいれて本を読むだとか、当たり前のようにお茶がある暮らしになるといいなと思っています。“大地の茶の間”は、駿河湾がすぐ近くにあって、富士山も間近に見られる最高のローケーション。ここを訪れたことが、美味しいお茶の存在に気づくきっかけになったり、本当にお茶が好きな仲間を増やしていく活動をしていきたいですね」

釜炒り茶柴本
静岡県牧之原市勝俣2695
園主:柴本俊史さん

 

Photograph:Harada Kazumasa

Text :Koizumu Sakiko

CHA NO MA茶の間

最高の景色を、ひとりじめ、茶畑の中の
プライベートティーテラス。

  • 天空の茶の間
    01
    天空の茶の間豊好園

    息を呑む、絶景の茶畑

    標高350mの山間部 両河内。
    富士山と駿河湾、早朝には雲海が眼下に広がる絶景の中で、心あらわれる時間をお過ごしください。

  • 全景の茶の間
    02
    全景の茶の間日本平

    圧巻のパノラマの茶畑

    景勝地・日本平山頂。
    富士山と駿河湾、伊豆半島を一望する、絵画のごときパノラマの中、ゆったりとした時間をお過ごしください。

  • 黄金の茶の間
    03
    黄金の茶の間黄金みどり茶園

    世界にここだけ、黄金の茶畑

    静岡市の山間部、諸子沢。
    ここにしかない黄金色の茶畑を見渡しながら、贅沢なくつろぎの時間をお過ごしください。

  • 大地の茶の間
    04
    大地の茶の間釜炒り茶 柴本

    日本一の茶景の茶畑

    広大な茶畑が広がる有数の茶産地牧之原。
    一面に広がる茶畑の開放感の中、何も気兼ねすることのない自由な時間をお楽しみください。

  • 富士の茶の間
    05
    富士の茶の間富士山まる茂茶園

    富士のふもとの茶畑

    富士山のお膝元富士市。
    霊峰富士山を間近に望む雄大な自然の中で、日常から離れ、無為な時間をお過ごしください。

  • 里山の茶の間
    06
    里山の茶の間深山園

    美しき里山の茶畑

    島田市山あいの村 笹間。
    美しい里山の風景に囲まれ、ゆっくりと流れる癒やしの時間をお過ごしください。

NEWS ニュース